/

この記事は会員限定です

日米豪印で半導体供給網

首脳文書案 中国念頭に「安全性を強化」、先端技術に人権尊重原則

[有料会員限定]

日本と米国、オーストラリア、インドの4カ国が24日に開く首脳会議でまとめる経済安全保障に関する共同文書の原案がわかった。半導体に関する安全なサプライチェーン(供給網)づくりを進める方針と、先端技術の活用は人権尊重のルールに基づくべきだとの共同原則を明記した。

科学技術を権威主義体制の維持に利用する中国モデルが世界に広がるのを抑える狙いだ。

4カ国の枠組みは「Quad(クアッド、総合2面きょうのことば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン