/

この記事は会員限定です

「ぼのぼの」ベンチ楽しんで

宮城 作者郷里で町おこし

[有料会員限定]

丘陵や田園が広がる宮城県加美町で、人気漫画「ぼのぼの」に登場する動物キャラクターを使った町おこしの動きが進んでいる。目玉はキャラクターをあしらった11台の石製ベンチ。地元出身の作者で町の依頼に応じた漫画家、いがらしみきおさん(66)は「豊かな自然は私の世界観に影響している。生まれた町でキャラクターが愛されて光栄だ」と話す。

「ぼのぼの」は森や海の動物たちが時に哲学的な問いを織り交ぜながら日常生活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません