/

この記事は会員限定です

シンガポール、政府系再編の波

ケッペル、不動産・通信1800億円買収

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】シンガポールで、政府系ファンドのテマセク・ホールディングスが出資する大手企業の再編計画が相次ぐ。複合企業のケッペル・コーポレーションはM&A(合併・買収)を通じて不動産や通信の規模を拡大し、事業領域が重なる企業との統合も進める。国際競争力を高め、海外のライバル企業に対抗する。

「我々の事業モデルと合致し、能力を補完し合える絶好の買収機会だ」。ケッペルのロー・チンホア最高経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン