/

この記事は会員限定です

〈コメ先物 終幕を聞く・下〉「価格維持」の政策 限界

宮城大学名誉教授 大泉一貫氏

[有料会員限定]

――米価を巡る政策の課題はどこにありますか。

「生産調整による米価の維持を優先している点だ。水田農業者は本来、市場動向をみて、高付加価値の作物をつくり、大規模化など生産性の高い農業に取り組むことが必要だ。しかし政策は、主食用米から転作の補助金がつく作物、大豆や麦、野菜などへ作付けを誘導するにとどまる。これでは農家も『補助金をもらえるから転作する』といった判断になってしまう」

「コメ農家が自ら市場を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン