/

この記事は会員限定です

ぶーちゃんに恩返し 池見賢

[有料会員限定]

大戸屋ホールディングスでタイや米国の現地法人の社長を務めた田中靖人くんは六甲学院中学校時代からの親友だ。当時から太っていて、あだ名は「ぶーちゃん」。付き合いは50年を超えた。

ぶーちゃんの人生が暗転したのは2010年ごろ。神戸市の水産仲卸会社の息子で、父親の後を継いで社長になったが、景気低迷で事業が立ちゆかなくなり会社は倒産してしまった。その際に私が彼に新天地として紹介したのが大戸屋だった。

彼は中学時代から面倒見が良...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン