/

この記事は会員限定です

半導体高騰、交錯する思惑

TSMCがこの10年で最大の値上げへ

[有料会員限定]

世界的な供給不足の中、半導体価格は2020年末から上昇している。それでも台湾積体電路製造(TSMC)がこの10年で最大の値上げを準備しているというニュースは衝撃だった。

TSMCは世界の半導体受託生産市場でシェアの過半を占め、米アップル、エヌビディア、クアルコムなど向けに半導体を製造している。先端技術と高品質で知られる同社の製品は、競合社よりも受託製造費が約2割高いとされる。

しかし昨年末から小規...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1784文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン