/

この記事は会員限定です

離婚時、協議難航しやすく

[有料会員限定]

夫婦で住宅ローンを借りる際の最大のリスクは離婚といわれる。自宅の所有権やローン返済をどうするかを巡って協議が難航しやすいからだ。離婚する場合の選択肢は主に2つある。一つは家を売却して残りのローンを返す方法。ただしローン残高を下回る価格でしか売れなければ、離婚後も返済は続く。

もう一つはどちらかが住み続ける場合に住む方の単独債務に変更するためローンの条件を変更したり、借り換えたりする方法だ。あわせて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン