/

この記事は会員限定です

総裁選、現職の出馬断念5人

自民党内の基盤弱く

[有料会員限定]

自民党の菅義偉首相(総裁)が総裁選への不出馬を表明したのは17日の告示からちょうど2週間前だった。現職総裁が告示前15日以内に立候補を断念したのは5人目となる。いずれも党内基盤が盤石でなく、求心力が低下した局面だった。

総裁選は本来、現職が有利となる。続投をめざす場合は対抗馬が現れず無投票再選になることが少なくない。首相も当初、まず衆院選で勝利したうえで無投票再選の流れをつくろうとした。

誤算は8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン