/

この記事は会員限定です

神奈川芸術劇場「近松心中物語」

酷薄な生 虚空に映しだす

[有料会員限定]

地の底をはうように生きる寄る辺なき人々。近松門左衛門の作をもとに秋元松代が描きだす男と女のなんと狂おしいことか。二組の心中を現代の感覚で対比する名作が長塚圭史の新演出で登場した。

舞台に虚空が出現し、群衆は影のように現れる。遊行の聖(ひじり)が鳴らす鉦(かね)はラップ(スチャダラパー)に転じ、大阪弁の見事なせりふは、いっそうさびしい。名高い蜷川幸雄の演出も、その後のいのうえひでのり演出も廓(くる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り516文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません