/

この記事は会員限定です

ナスダック、多様性に活路

取締役に女性・少数派義務付け アフガン情勢で逆風も

[有料会員限定]

米証券取引所ナスダックが企業に対して、取締役会のダイバーシティー(多様性)確保を義務づける上場規則を発表した。勢いを増すESG(環境・社会・企業統治)マネーを引き入れるための野心的な試みだ。足元ではアフガニスタン戦争の事実上の終結に伴い、バイデン大統領の指導力低下が株式市場に影を落とし始めた。ナスダックの試みも政治の影響を受けそうだ。

ESGに照準

8月6日に米証券取引委員会(SEC)から承認された上場規則は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン