/

この記事は会員限定です

藤井時代の幕が開けた

19歳 最年少三冠の快挙 大崎善生氏

[有料会員限定]

将棋の藤井聡太二冠(王位・棋聖)が13日、叡王位を奪取し、最年少で三冠となった。将棋界における「三冠」の意味とは。元「将棋世界」編集長で作家の大崎善生氏に寄稿してもらった。

また将棋界が騒がしくなっている。9月13日に行われた第6期叡王戦で、藤井聡太二冠が豊島将之叡王を3勝2敗のフルセットの末、下し、奪取に成功。自身初の三冠王に輝いたのである。

藤井は史上初の19歳での三冠達成。それまでは羽生善治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン