/

この記事は会員限定です

歌舞伎役者 尾上菊之助(3)

『モモ』実感した家族の時間の大切さ

[有料会員限定]

昨年来のコロナ禍で時間の使い方を考えるようになった。そんなときに手に取ったのがエンデの名作『モモ』(岩波少年文庫)だった。主人公の少女モモは相手の話を聞くことで、自分を見失っていた人々に、本来の自分を取り戻させることができる。ところが「灰色の男たち」に時間を奪われてしまい……という不思議な物語だ。

登場する人々はまるで、以前の自分のようだと感じた。歌舞伎公演は毎月25日程度あり、1週間もしないう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン