/

この記事は会員限定です

広がる高齢者の免許返納 代替手段、地方に課題

[有料会員限定]

事故当時87歳の被告が引き起こした東京・池袋の暴走は、高齢ドライバーの運転に関する安全対策や免許証の自主返納が進むきっかけとなった。返納件数は2019年に過去最多の60万人を記録したものの、地方に住む高齢者などは車を手放せないケースが少なくない。代わりとなる交通手段の整備も課題になっている。

警察庁によると、免許の自主返納数は池袋の事故があった19年に60万1022件と過去最多を記録。20年は新型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン