/

この記事は会員限定です

自動運転の安全基準強化 「レベル4」へ来年度までに

地域の交通網 維持に主眼

[有料会員限定]

国土交通省は次世代型交通サービスに使う車両の保安基準を強化する。一定条件で運転を完全自動化する「レベル4」の実現を見据える。政府は地域限定で遠隔監視によって自動運転車を走らせるため2022年度までの道路交通法改正をめざしており、あわせて車両の基準見直しも急ぐ。

自動運転技術は高速道路の走行などに限りシステムに運転を任せるレベル3まで実現している。自家用車ではホンダが3月、レベル3の機能を備えた新型車「レ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン