/

この記事は会員限定です

新iPhone、薄らぐ革新性

カメラ・電池、性能向上 アップル「主力」成熟懸念

[有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志】米アップルが14日に発表した「iPhone13」は、カメラや電池の性能向上を前面に打ち出した。現行機能の着実な改良で旧機種からのユーザーに買い替えを促す狙いだが、初代の発表から15年近くが経過し、新製品の革新性が薄れたとの指摘がある。スマートフォン市場の伸びが鈍化するなか、主力製品の成熟化は競争力の低下につながりかねない。

iPhone13の新機能の一つは、映画のような...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン