/

この記事は会員限定です

浦和のうなぎ 伝統守り革新

[有料会員限定]

さいたま市には浦和近郊を中心に30店余りのうなぎ料理店がある。江戸時代に近隣の沼地でうなぎがよく捕れ、中山道などを往来する旅人らの舌をうならせた。うなぎのかば焼きは浦和発祥とする説もある。その古くから続く食文化にも新型コロナウイルス禍は打撃を与えているが、伝統を守るためにも革新を取り込み前へ進む老舗もある。

JR浦和駅から車で7~8分走ると、今年、創業135年の「うらわのうなぎ萬店(まんだな)」に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン