/

この記事は会員限定です

日経平均、31年ぶり高値

政策期待、感染減も好感

[有料会員限定]

14日の東京株式市場で日経平均株価は2月の年初来高値を更新し、1990年8月以来31年ぶりの高値を付けた。自民党総裁選を前にした政策期待や新型コロナウイルスの新規感染者数の減少を受け、海外投資家を中心に見直し買いが入った。(関連記事総合2グローバル市場面に)

日経平均の終値は前日比222円高の3万0670円だった。2月にいったん3万円の大台を回復したが、新型コロナの再拡大や内閣支持率の低下などを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン