/

この記事は会員限定です

EU、日・韓・シンガポールに「デジタル協定」提唱

中国に対抗狙う AI顔認証・個人格付けに規制

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は「インド太平洋協力戦略」で日本と韓国、シンガポールにデジタル協定の締結を呼びかける。中国に対抗し、人権や民主主義などのEUが重視する価値観に基づいて、人工知能(AI)など新興技術のルール作りを主導する考えだ。(総合2面参照

EUがインド太平洋戦略をまとめる狙いは大きく3つある。1つは経済成長が見込めるアジアとの関係を深め、EUの経済的な利益を拡大するこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り905文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン