/

この記事は会員限定です

日航、調理ごみ100%再利用

25年度にも、肥料化などで

[有料会員限定]

日本航空(JAL)は2025年度にも、機内食の調理で生じるゴミ(調理残さ)のリサイクル率を100%に高める。肥料としての再利用を進めるほか、調理の仕方を工夫するなどゴミの削減方法も検討する。食品ロスを減らし、ESG(環境・社会・企業統治)に敏感な消費者や投資家にアピールする。

JALのグループ会社で機内食を手がけるジャルロイヤルケータリング(千葉県成田市)が中心となって取り組む。19年度に出た野菜の調理残...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン