/

この記事は会員限定です

規制強化、新興国でも

個人データ、日本は保護拡大に難色

[有料会員限定]

新興国を中心に近年、幅広いデータを「個人情報」として保護する法令の整備が進んでいる。欧州の一般データ保護規則(GDPR)を参考にする例が多いのが特徴だ。

1面参照

「GDPRは世界の政策立案の灯台の役割を果たした」。欧州データ保護監督官のヴォイチェフ・ヴィヴィオロフスキ氏は5月に声明を発表した。国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、データ保護分野の規制がある国は2016年から2割増加した。新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り503文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン