/

この記事は会員限定です

ESG光と影 私の提言(中)気候リスク開示、日本どう関与

東京海上HDフェロー長村政明氏 現場重視で実効性担保を

[有料会員限定]

気候変動の影響をどう分析して開示するか。現在、世界で参照されるようになった開示の枠組みを提言したのが「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」だ。2015年に世界の金融当局からなる金融安定理事会(FSB)が設置した。2回目はTCFDのメンバーとして当初から枠組みづくりに関与してきた東京海上ホールディングスの長村政明フェローに話を聞いた。

――TCFD提言への賛同機関数は日本が世界最多です。

「TCFDは17年、気候...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン