/

この記事は会員限定です

クラウドでサイバー防御 早大や福岡大など導入

通信監視で「関所」の役目

[有料会員限定]

大学がサイバー攻撃の対策にクラウドを活用する動きが広がっている。不審な通信の監視をクラウドに任せて防御する。学生の入れ替わりが激しく、全端末への対策ソフトの導入が難しい大学にとってクラウドは使い勝手がいいと判断。世界で研究機関へのサイバー攻撃が増える中、有効な対策として期待が高まる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン