/

この記事は会員限定です

再生エネ設備に広がる規制

防災や景観で条例、5年で5倍 脱炭素と両立カギ

[有料会員限定]

太陽光などの再生可能エネルギーの発電設備を規制する自治体が増えている。経済産業省によると規制条例のある自治体はこの5年で5倍に増えた。再生エネ施設の崩落事故や景観悪化の問題が背景にある。温暖化ガスの排出量を2030年度に13年度比で46%削減する政府目標の達成に向け、再生エネを地域で受け入れやすくする環境整備が重要になっている。

「斜面に置かれた太陽光パネルが大雨で崩落した」「太陽光発電所の敷地内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン