/

この記事は会員限定です

CO2貯留、日本勢に商機

三菱重シェア7割 欧米勢も追撃 市場育成に法制の壁

[有料会員限定]

発電所や工場などが排出する二酸化炭素(CO2)を分離・回収・貯留する「CCS」の設備が欧米中心に広がりつつある。設置実績では、三菱重工業が世界で7割超のシェアを占め最大手。だが「法制の壁」で肝心の日本市場が育たず、欧米勢の追撃を許している。

CCSはCO2を地下にとじ込める技術で、主に「分離・回収」「輸送」「圧入」の3工程に分けられる。設備への投資額は立地や回収量にもよるが数百億円規模となる。現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン