/

この記事は会員限定です

大型データセンター誘致 札幌・石狩・苫小牧が連合

年度内にも協議会設立 「光熱費・防災・再エネ」で攻勢

[有料会員限定]

札幌市と石狩市、苫小牧市は2021年度中にも大型データセンター(DC)誘致を目指す協議会を設立する。BCP(事業継続計画)の観点からサーバーを地方に分散させる企業は多い。北海道は膨大な光熱費の削減効果など3つのメリットを前面に、全国規模の争奪戦に打って出る。

札幌市は20年度に企業立地促進の「札幌圏設備投資促進補助金」の重点施設にDCを追加し、補助対象に加えた。DCを市内に新設すれば最大10億円、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン