/

この記事は会員限定です

漫画 社会との対話で成熟を

偏見・先入観破り創造の力に

[有料会員限定]

人気漫画家がインターネット公開した作品の中に偏見や差別を助長する表現があるとして、議論が広がった。作品がネット上で多くの人に読まれるようになった今、表現を巡って作者が社会と対話する姿勢がいっそう問われている。

問題の作品は藤本タツキ氏が集英社のサイトで7月に公開した「ルックバック」。漫画を共同制作する少女2人の友情と葛藤を描いている。

物議を醸したのは美術大学のキャンパスに通り魔が現れる、物語の重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1821文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン