/

この記事は会員限定です

パンキャンジャパン理事長 真島喜幸さん(1)

妹のすい臓がんに「撲滅」願う

[有料会員限定]

突然、妹から電話があった。微熱があり、首にしこりが現れた。かかりつけ医に「甲状腺のがんかも知れない」と言われたという。大きな病院で調べると、別の場所から転移した可能性があり、さらに検査を続け、膵臓(すいぞう)に腫瘍がみつかった。妹は47歳、2004年9月のことだ。

私も妹家族もまだ知識がなく、一生懸命調べた。当時の日本は情報が少なく、アメリカの患者会PanCAN(パンキャン)やジョンズホプキンス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン