/

この記事は会員限定です

米、原油高の影響一掃

輸出超に転換で交易条件改善 中東関与縮小、一段と

[有料会員限定]

米国の貿易が原油高の影響を受けにくくなっている。原材料の輸入コストと輸出価格との関係を示す交易条件(総合2面きょうのことば)は、原油の輸出国に転じて以降、大きく改善。シェール革命で米国内で原油が賄えるようになり、中東からの輸入が減った。米軍は同時テロから20年を経てアフガニスタンから撤退。原油の足かせからも解かれ、中東などイスラム圏への軍事・外交的関与が今後一段と弱まる可能性がある。

「(シェール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1112文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン