/

この記事は会員限定です

クラウド大手、個人データでEUと綱引き

アマゾンなど、日本勢は規制への対応強化

[有料会員限定]

クラウドサービスでの個人データの扱いを巡り、欧州連合(EU)と米IT(情報技術)大手の緊張関係が続いている。米アマゾン・ドット・コムなどは業界の自主ルールにそって欧州外へデータを持ち出せるようにする道を模索するが、厳しい個人情報保護ルールを持つEUは慎重姿勢だ。欧州で事業を展開する日系クラウド企業にも、EU規制への対応を強める動きが出ている。

「第三国へのデータ移転時の十分な保護は提供されない」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン