/

この記事は会員限定です

総裁選、経済政策競う 河野氏「雇用重視企業に減税」

高市氏「財政再建目標を凍結」/岸田氏「中間層への配分重点」

[有料会員限定]

17日告示―29日投開票の自民党総裁選は、河野太郎規制改革相の出馬表明を受け、岸田文雄、高市早苗両氏を含む3人が軸になる構図になった。経済政策では安倍晋三前首相の経済政策「アベノミクス」からの距離で3氏の違いが浮き彫りになった。(1面参照

河野氏は出馬を表明した10日の記者会見で、経済政策について「企業から個人へ。個人を重視する経済を考えていきたい」と訴えた。具体例として「労働分配率を一定水準以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン