/

この記事は会員限定です

日本郵便と佐川が提携

2位・3位連合、ヤマトに対抗 ネット通販の競争激化

[有料会員限定]

日本郵政の連結子会社である日本郵便(東京・千代田)とSGホールディングス(HD)傘下の佐川急便は10日、小型荷物の宅配や国際荷物の輸送などでの協業で基本合意したと発表した。ネット通販をめぐる競争に対応するため、物流業界ではきめ細かい配送網の整備が課題だ。人手不足が続き投資コストもかさむなか、業界2位と3位が手を組んで最大手のヤマト運輸に対抗する。

10日開いた記者会見で日本郵便の衣川和秀社長は「競争分野を残しつつ、相互に補完...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン