/

この記事は会員限定です

「ギグワーカー待遇改善を」 中国、10社を行政指導

アリババや滴滴に

[有料会員限定]

【重慶=多部田俊輔】中国政府は10日、アリババ集団や滴滴出行(ディディ)などインターネットサービス大手10社に対して、ネットを介して単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」の権利保護を求める行政指導を行ったと発表した。収入が比較的少ないとされるギグワーカーの待遇を改善し、所得分配を促す狙いとみられる。

労働政策を担う人力資源社会保障省、交通運輸省、国家市場監督管理総局などが共同で行政指導を行った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン