/

この記事は会員限定です

この父ありて 作家 田辺聖子(4)

時代に負けた大人たち 梯久美子

[有料会員限定]

終戦翌月の田辺の日記には、体調を崩して寝ていた父と会話する場面がある。

このとき田辺は学校から帰ってきて炮烙(ほうろく)で豆を煎っていた。食糧事情は戦時中より悪化し、一日の大部分を食べることのために費やさねばならなかった。

〈お父さんがふらふらと夢遊病者みたいな足取りでほの白い顔をしかめて蚊帳から出て来ていう。

「聖ちゃん、勉強あるのやろ」

「うん」

「せめて、あんたら三人だけでも、暢気(のんき)に勉強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン