/

この記事は会員限定です

米、接種か陰性証明を必須に

企業に要請、罰則も 政府職員は義務化

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ新たな計画を発表した。ワクチン接種か週1回の陰性証明を従業員が働く必須条件とするよう、国内企業に要請する。罰則を伴う厳しい措置を取り入れ、感染力の強いインド型(デルタ型)による経済への影響を抑える。

従業員100人以上の企業が対象。従業員はワクチン接種を終えるか、未接種なら少なくとも週1回は陰性証明を出す必要がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン