/

この記事は会員限定です

韓国、格差是正が争点に

大統領選、与野党代表に聞く

[有料会員限定]

韓国大統領選は9日で投開票まで半年となった。文在寅(ムン・ジェイン)政権の対北朝鮮外交や経済政策などを継続するかが問われ、結果は悪化している日韓関係や韓国経済の成長軌道も左右する。与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)、保守系野党「国民の力」の李俊錫(イ・ジュンソク)両代表に大統領選の争点や情勢分析を聞いた。

韓国の大統領任期は5年で再選は認められていない。大統領選の本選は2022年3月9日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン