/

この記事は会員限定です

植物肉で米国進出 井出剛さん

独自技術で「飢餓を撲滅」

[有料会員限定]

大豆由来の「植物肉」原料を開発するスタートアップ、DAIZ(熊本市)を起業し、社長として率いる。同社には味の素丸紅などが出資、イオンやニチレイフーズなどに商品を供給している。5月に米ボストンに子会社を設立し、来夏には植物肉の本場、米国で商品販売を目指す。

創業前はベビーリーフ国内最大手、果実堂(熊本県益城町)を経営していた。地元の熊本が台風や豪雨など自然災害に見舞われるのを見て、「環境に左右されない新事業を立ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン