/

この記事は会員限定です

キヤノン、カナダ半導体買収

高精細のカラーCT開発

[有料会員限定]

キヤノンが医療機器事業の拡大に向けてカナダの半導体メーカーを買収する。金額は300億円強。高精細でカラー表示ができるコンピューター断層撮影装置(CT)を2025年にも実用化する。技術革新に向けて先端半導体を取り込む動きが広がる。

買収するのはレドレン・テクノロジーズ(ブリティッシュコロンビア州)。X線を効率よく検知できる独自の半導体を持つ。1999年設立で従業員数は約200人、売上高は非公開。

キヤノンは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン