/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言下の株価上昇率

業績見通し好調、海運上位

[有料会員限定]

東京都に4回目の緊急事態宣言が発令されてから約2カ月がたった。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)が猛威を振るい、経済活動の再開に不透明感も漂うなか、値上がりしているのはどのような銘柄か。東証1部上場で時価総額1000億円以上の企業(金融を除く)を対象に、緊急事態宣言が出た7月12日以降の株価上昇率をランキングした。

上位3社は日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手が占めた。コンテナ船の需要が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン