/

この記事は会員限定です

生保にもデジタル化の波

大手7社が団体年金の管理統合 低金利、効率運営迫る

[有料会員限定]

生命保険業界が共同でデジタル化を進める。大手7社が企業などを顧客とする団体年金の管理業務を統合し、280万人を超える加入者の管理をウェブで完結できるようにする。日銀のマイナス金利政策を機に運用環境が悪化し、コスト削減につなげる。新型コロナウイルス禍で保険販売も伸び悩んでおり、非競争領域で協調する流れが強まりそうだ。

生命保険の大手7社が企業などを顧客とする団体年金の管理業務を統合する。複数ある管理会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン