/

この記事は会員限定です

企業統治に求められる視点(中) 「新たな日本型モデル」構築を

宮島英昭・早稲田大学教授

[有料会員限定]

企業の目的を巡る社会規範が大きく変化し、ステークホルダー(利害関係者)を重視する見方が影響力を強めた。かつて株主価値の最大化を企業の目的とする米国型モデルに収れんすると展望された世界は、むしろステークホルダーモデルへの傾斜を示している。

他方、日本では株主主権の強化を通じた企業成長の実現を目的とする企業統治改革が進展する過程で、世界的な新しい動きにさらされた。では日本の企業統治はどこに向かうべきか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン