/

シンガポールがギグワーカー保護策

けがの補償義務付けなど検討

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】シンガポール政府はネットを介して単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」の保護策を導入する。正社員に比べて収入や福利厚生が劣る点が問題視されており、傷害保険の義務付けなどが検討の対象になる見通し。配車サービスや料理宅配を手掛ける企業にとっては関連コストが増加し、収支悪化の要因となる。

リー・シェンロン首相は8月29日の国民向け演説で「低賃金労働者、特に宅配の運転手の過酷な労働...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン