/

この記事は会員限定です

2030 マウロ・ギレン著

「水平思考」で世界を俯瞰する

[有料会員限定]

2030年が世界にとって節目の年になるとの議論はよく聞かれる。そのころまでに中国が国内総生産(GDP)で米国を抜き、世界一になるという予測が大きな根拠になっているようだ。米国の経営学者である著者は「新たなルールが動かす、ひどく困惑する新たな現実」が目前に広がっていると指摘する。

こうした未知の脅威を好機に変えるには「水平思考」で展望する必要があると説く。世の中の様々な事象を複雑にかけ合わせて変化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン