/

この記事は会員限定です

前職場同僚の評価活用 中途採用でミスマッチ防ぐ

エン・ジャパンなど

[有料会員限定]

中途採用時、転職希望者の出身企業の同僚評価を参照する「リファレンスチェック」が広がっている。新型コロナウイルスの影響で面接機会が減る中、採用企業は転職希望者をよく知る人の評価を参照しミスマッチを防ぐ。エン・ジャパンが2020年に始めたサービスは、パナソニックなど約300社が導入した。

エン・ジャパンは20年秋からリファレンスチェックサービス「ASHIATO(アシアト)」を始めた。転職希望者は自分の出身企業の社員を2~3人ほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン