/

この記事は会員限定です

銀、割安感強まる NY先物

景気減速で、金との価格差75倍に

[有料会員限定]

銀価格の上値が重い。銀は工業用需要が多く、米中の景気減速懸念で市場に需要減観測が広がっている。アフガニスタン情勢の悪化など、地政学リスクの高まりで買われやすい安全資産の代表格とされる金に比べ割安感が目立つ。

銀相場の国際指標となるニューヨーク先物(中心限月)は1日の清算値が1トロイオンス24.221ドルと昨年末比で8.3%安い。銀に対する金の価値を表す「金銀比価(金価格÷銀価格)」は75倍程度と目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り496文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン