/

(物流インサイドリポート) 食品ロスも減らす自動発注

[有料会員限定]

食品スーパー業界で自動発注が広がっている。流通業向けに人工知能(AI)を活用した需要予測型自動発注システムを開発するシノプスの契約社数は、6月末時点で前年同期比18社増の94社となった。システム稼働拠点数は5411に達する。同社がKPIとしている「シェア率」(コンビニと百貨店を除く売上高400億円以上の小売業が対象)は同3.1ポイント増の17.1%に上昇した。

仕入れは商売の命とも言われる。とり...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません