/

この記事は会員限定です

(自民総裁選を語る)党内、事実上の自主投票

政策研究大学院大教授 竹中治堅氏

[有料会員限定]

9月29日投開票の自民党総裁選は日本のかじ取りを担う首相を選ぶことになる。総裁選のあり方や次の党総裁に必要な要素を聞いた。

感染症への強靱(きょうじん)化政策を議論してほしい。新型コロナウイルス禍が長期にわたり浮き彫りになった社会経済の問題にも向き合ってもらいたい。

総裁選を開くのはコロナ禍でも党内を活性化させるには良い判断だった。新しい政策論争を期待する。

派閥の動向が注目されがちだが、規律は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン