/

この記事は会員限定です

選挙が大好きな日本株

「解散は買い」再評価の引き金

[有料会員限定]

「政治の秋」の到来に株価が動意づいている。今週浮上した自民党役員の刷新人事や「9月衆院解散」観測に投資家は買いで反応した。マーケットは本来、政治混乱を嫌うもの。だが、投資家は政局の流動化をむしろ喜んでいるようにも映る。株価の動きをどう解釈すればいいのか。読み解くカギは、解散総選挙が大好きという昔からの日本株の経験則にある。

上げるも下げるも米国株次第だった日本株。国内の要因で大きく動くのは久しぶり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン