/

この記事は会員限定です

都の燃料電池バスの燃料、福島の太陽光水素を活用

[有料会員限定]

東京都は都内を運行する燃料電池バスの燃料に、福島県浪江町で太陽光を使って製造された水素を使用する取り組みを始めた。都交通局が保有する燃料電池バス5台を使い、8月25日から約1カ月間運行する。温暖化ガスの削減や都が進めている「水素社会」の実現につなげる。

葛西駅前(江戸川区)―錦糸町駅前(墨田区)、一之江橋西詰(江戸川区)―葛西臨海公園駅前(江戸川区)などの路線で走行する。期間中は浪江町の子供たちが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン