/

位置情報で運行ルート設定

西東京バス、需要予測で停留所

[有料会員限定]

西東京バス(東京都八王子市)は新路線のルートを決めるのに携帯の位置情報データを活用する取り組みを始めた。客観的なデータから需要を見込みやすい時間帯や場所を割り出し、収益力の高い運行経路を探る。位置情報データの活用は商圏分析を手掛ける小売・飲食業で先行してきたが、ここにきて裾野が広がってきた。

西東京バスは京王電鉄の傘下企業で、八王子や青梅・あきる野など東京西部の郊外都市を中心に路線バスを運行して...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン