/

この記事は会員限定です

出生率、価値観変化で低下

仏イプソスCEO ダリル・ブリッカー氏

[有料会員限定]

――世界人口は2050年ごろにピークに迎えると予測しています。

「国連推計は楽観的で、特にインドと中国の人口の推移を甘く見積もりすぎている。私たちの調査会社は、実際には国連の想定より速いスピードで出生率が低下しているとみている」

「ナイジェリアなど出生率が高いアフリカ諸国も、都市化が進み10年ほどで出生率が低下した。一定の時間はかかるが、先進国と同様に人口は減少に転じるだろう。他方、教育や医療体制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン